現代に残る刀剣の技術

現代に残る刀剣の技術

現代に残る刀剣の技術 日本の歴史を語るには、侍の存在があります。
そこには刀を差す人たちがかつて存在しました。
現代も刀剣を扱う技術は受け継がれています。
現代に残る刀剣の技術は、まずは場所から始まります。
良い刀を作るには、適度な湿気と空気といった場所を選びます。
無鑑査の称号を得た刀鍛冶師は、常に拘って作品作りをしています。
昔も今も変わらずのその技法で行われ、良い刀を現代にも送り出しています。
玉鋼を原料とし、それを積み沸かして火床で十分に下鍛えをし、重ねるように折り曲げて 沸し述べをしていき、刀の形へと仕上げていきます。
その後、ヘラで土取りをします。
焼き入れをして平均に熱が入った刀を水の中に入れ、一気に冷却をしていきます。
この瞬間に、刀の出来具合がかかってくるのです。
その後、刀を整えて行き、箇所の付属品を付けていくことで1つの刀が出来上がっていきます。
その工程はとても長く時間もかかりますが、その分、良い刀が出来上がるのです。
刀剣の技術は現在も残され、今後も残していかねばならない文化でもあります。

代表的な刀剣の技術とは

代表的な刀剣の技術とは 刀剣に見られる代表的な技術としては、原料の鋼を精製する為の「たたら製鉄」と、その技術を成熟させた「ズク押し」を挙げる事が出来ます。
まずたたら製鉄は嘗ては主要な製鉄技術となっていたもので、砂鉄を木炭の燃焼熱によって加工し、鉄塊を得るものです。
溶鉱炉等を活用する現代の製鉄技術と比較すると、比較的低温での加工が可能で、伴って純度が高めの鉄塊を得られるのが特徴です。
一方、ズク押しは原料を選別してたたら製鉄により意図的に炭素濃度の高い鉄塊を作り、これを別の作業場で精錬するという方法です。
鉄の強度が非常に高くなる為、時代が下って技術が高度化すると刀剣加工において主要となったものです。
ところが何れも製鉄に掛かるコストの面では大きなものがあり、近代化に伴ってズク押しに至ってはその伝承が途絶えてしまっています。
たたら製鉄についても技術の復元を経た上で、ほぼ刀剣加工技術の維持と伝承の為のみに行われるのみとなっています。
故に、刀剣の代表的技術且つ固有の技術とも呼べるものになっています。

新着情報

◎2017/10/31

刀剣における買取と価値
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

正真保証が無い刀剣
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

「刀剣類登録証」とはなにか?
の情報を更新しました。

◎2017/2/14

現代に残る刀剣の技術
の情報を更新しました。

◎2017/1/27

刀剣の帽子について
の情報を更新しました。

「刀 技術」
に関連するツイート
Twitter

今日はNINJA1000納車おめでとうプチツーリングしてきたゾ! 各部に惜しみない技術や工夫がされてて、それでいてスタイリッシュ! 現状技術で作られたバイクはすげぇよ… 写真の腕を磨きたいンゴねぇ… でも俺の中ではやっぱりが1番!というおはなしでした! pic.twitter.com/IKklYrFJy7

拙僧の初期がオンナ陥落技術を得てきたようでキレそう

ブラボ、やっぱり使いたいナ〜つって技術血質ビルドを始めたが僕はパリィが苦手という根本的な問題を抱えている

Twitter極光 a.k.a ミラージュ@Aurora_Striker

返信 リツイート 0:56

RT @samiyahajime: 電車もも人々が紡いできた歴史と技術の結晶なので、鉄道ファンと剣ファンは相性が良かったのかもしれない。人のつくりしものを愛する人たちだ。

RT @samiyahajime: 電車もも人々が紡いできた歴史と技術の結晶なので、鉄道ファンと剣ファンは相性が良かったのかもしれない。人のつくりしものを愛する人たちだ。

Twitterだるだる星人@国際警察見習い@daru2starman

返信 リツイート 昨日 23:23

RT @samiyahajime: 電車もも人々が紡いできた歴史と技術の結晶なので、鉄道ファンと剣ファンは相性が良かったのかもしれない。人のつくりしものを愛する人たちだ。

Twitter緋和焚@寿司野あなご@sanakado

返信 リツイート 昨日 23:06

神格の高いの実装、普通に技術の進歩とかなのでは

RT @samiyahajime: 電車もも人々が紡いできた歴史と技術の結晶なので、鉄道ファンと剣ファンは相性が良かったのかもしれない。人のつくりしものを愛する人たちだ。

武器術はとても重要性だ。武器術を学ぶ事により、徒手の技術は格段に上達する。術は臂力。剣術は身法、歩法。槍術は腰力。棍術は腕力。更に、武器の特性を学ぶ事ににより、どの様なものも応用出来るようになる。

RT @samiyahajime: 電車もも人々が紡いできた歴史と技術の結晶なので、鉄道ファンと剣ファンは相性が良かったのかもしれない。人のつくりしものを愛する人たちだ。