沸(にえ)のある刀剣

刀剣の地肌と刃文の動き

刀剣の地肌と刃文の動き 日本刀を見ていると、刀身本体を構成している地肌の部分に細かな文様があるのが見えますが、これを鍛と呼び、刀剣を作る工程において炭素量の少ないやわらかい鉄を固い鉄で覆うようにしていくことからこのような文様が生まれてきます。
これらの文様は樹木の肌模様と同じに見えることから、柾目肌や板目肌と呼び、刀剣を鑑賞する時のポイントになっています。
また熱した刀身を水につける焼き入れの際に、急速冷却されることによって鋼の成分が変化してできるのが刃文で、地鉄に対して白く見える刃の文様のことを言います。
刃文を構成する微粒子のことを沸や匂と呼びます。
刃文もその形状によりさまざまな種類に分類されますが、大きな分類としてまっすぐに刃が入る直刃と、波打って見える乱刃があります。
さらに乱刃の中にはなだらかな曲線の互の目や急な曲線が連続する丁字、幅広くうねって見える湾れといったものがあります。
こうした刃文は、刀工が焼き入れの際に焼場土の置き方を工夫することで表現するもので、流派や刀工、時代によって違いがあります。

刀剣の刃文について

刀剣の刃文について 刃文は「はもん」あるいは「じんもん」と読む、刀剣の部位の名称です。
これは刀剣を鑑賞する時の見どころともなるものであって、作り手や流派によってそれぞれ個性がでてくる部分でもあります。
しかしながら、これを意図的に同じような模様にするのは困難だといわれています。
それはなぜなら、これを発生させるためには偶然に依るところが大きいからです。
名人級の刀工になるとそれをある程度コントロールできるようになることもありますが、それは極めて稀だといえるでしょう。
この刃文は焼入れという工程で刀に刻まれます。
焼入れとは、刀に焼き刃土というものを塗りこみ刀身を700度強まで加熱し、それを水にいれて急速に冷やすという工程です。
これによって刃の強度が増すわけですが、その時塗りこんだ焼き刃土のおかげで刃文が刃に刻まれるわけです。
こうして刻まれた模様は極めて美しくしいのですが、それは鑑賞だけでなく、その刀自体の真贋の判断にも使われます。

新着情報

◎2017/10/31

刀剣における買取と価値
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

正真保証が無い刀剣
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

「刀剣類登録証」とはなにか?
の情報を更新しました。

◎2017/2/14

現代に残る刀剣の技術
の情報を更新しました。

◎2017/1/27

刀剣の帽子について
の情報を更新しました。

「刀 地肌」
に関連するツイート
Twitter

剣鑑賞に行くのに、特別な気構えなんて必要ないと思いまする☺️ ただ、ただね…自分の愛を観に行くっていう理由でなんか引け目を感じるなら、歴史背景を調べていけばかなり面白くなると思いまする。織田や豊臣、徳川etcってね。 もし、の在り方に興味を持ったら刃文とか地肌とか調べると良いと☺️

返信先:@odayoshi 海向こうとはいえ、一応隣国ですからね。 あとは南北朝時代からが一般に普及し始めた感じで、古来よりの手間暇を掛けてられなくなった&国力の疲弊で製鉄がおぼつかなくなって来てることが、特に地肌の様相が1番荒れてるってのも1つ特徴ですね。無論南北朝時代のは厚みが薄いから芯鉄が出易いのも

Twitter狛犬隊長@鉋切の民@kannagirinotami

返信 リツイート 0:57

今回初めて単眼鏡持参でを鑑賞しに行ったのですが、やはり単眼鏡があると気づくことも増えて面白い!骨喰藤四郎の倶利伽羅の彫物の角に、茶色の変色(錆?それとも汚れ?)があるの、今まで気づかなかった。骨喰藤四郎、焼ける前は本当に美しいだったんだろうと、再刃された後の地肌を観て思った。

写真の通りで現状でも波紋も地肌も見て楽しめますが、化粧研ぎまでやってもらうとかなり見栄えも良くなりますねぇ。もちろんこのまま試斬に使っても良いですが、出来るならば試斬には現代のを使って頂き歴史ある物は保存して頂きたかったり(苦笑

返信先:@nisshinkan 雪が地肌のような姿 光る粒子は沸の様

近世の作でしたけど、拵もいくつかあって、個人的にはお得感満載。彫りのある御の美しさは想像以上で、身との境目の角度が意外と急激でSAOが濃い目な印象を持ちました← 樋の輝き方が凄かった!地肌の様子が、反射にもろに影響してるのかなぁ、等と考えるから、情報過多。

テーマがRebornなので、再刃された御たちもいらしてましたし。 こじんまりとした美術館ですけども、御がぎっちり並んでてなかなか壮観でした。地肌も綺麗に見えたので、凄く良かったです。

細くたおやかで、何ともしっとりとした地肌…本当に綺麗なだな、君は。(鶴)

備中青江のには澄肌と呼ばれるはたらきが大く見られる。地金の肌が所々で無地肌のようになっているものを言う。

あと今まではっきり見えすぎてなんか溝……地肌か……?って思ってた線もちゃんと地肌だったので……鉄の展示館さん本当に勉強になる……3年くらい頑張って見ようとしてきたけどまだ全然知識が追いつかないんだなぁ