沸(にえ)のある刀剣

沸(にえ)のある刀剣

沸(にえ)のある刀剣 刀剣を、刀鍛冶が作る光景を、テレビなどでご覧になった方も多いことでしょう。
いよいよ仕上げの焼き入れに入る直前、刀剣の材質は、オーステナイトという組織になっています。
これを水中で急速に冷やすと、刃の部分が、マルテンサイトという組織に変化します。
マルテンサイトは、非常に硬くなっていて、物を斬ることに優れた特性を有します。
一方、地金の部分は、トルースタイトという組織に変化します。
一振りの刀に、この2種類の組織が混在することによって、あの刃文の美しい模様ができあがるのです。
刃文の境目には、マルテンサイトとトルースタイトの粒子が混在しているのですが、この粒子を肉眼ではっきりと確認できるものを、沸といいます。
特にこの状態が強く見られるものを、沸出来といい、鎌倉初期の作刀や相州物の系統に多く見られます。
このような模様が浮き出ている部分は、摩擦を減少させる効果もあります。
見た目だけではなく、機能美をも兼ね備えているのです。

匂(におい)のある刀剣

匂(におい)のある刀剣 刀剣は、日本文化の極みです。
その美しさ、鋭さは見る人を魅了してやみません。
そんな刀剣は、刀鍛冶の手によって作られていることは、ご存じのことと思います。
では、刀鍛冶によっては、匂いのする刀できる、という話はお聞きになったことがあるでしょうか。
日本刀は、刃の部分と地の部分では、厚みや硬度が違います。
そして焼き入れの後は、それがはっきりと際立つのです。
同時に、刃文といわれる白い模様が浮き出てきます。
これは、焼き入れすることによって、刃と地金の材質に違いが現れてくることによるものです。
この刃文の境目が、ぼんやりと白い霞のように見えている状態を、匂と呼ぶのです。
刀剣において、この状態が強いものを、匂出来といいます。
このような作風は、鎌倉中期以後の備前物や、南北朝時代の備中青江物などに代表されています。
実際に刀剣を見るときは、刃に浮き出ている、たなびく霞のような美しさに注目してみてはいかがでしょうか。

新着情報

◎2017/10/31

刀剣における買取と価値
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

正真保証が無い刀剣
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

「刀剣類登録証」とはなにか?
の情報を更新しました。

◎2017/2/14

現代に残る刀剣の技術
の情報を更新しました。

◎2017/1/27

刀剣の帽子について
の情報を更新しました。

「刀 沸」
に関連するツイート
Twitter

の焼きを入れる際、水中で急冷せず、油の中に入れて焼きを入れる方法を油焼入れという。刃縁のがやわらかくの深い刃が入るといわれている。焼割れ防止にはなるが、肌色は美術的ではない模様。

や匂の~ぽさを出す手法はおよそ想像の範囲だったのですが、当然は長いので、鑑賞するときのように手元の方に顔を近づけて見ていると、鋒のほうは遠近感がずれてしまう。そのまま描き続けると刃文の位置がずれてしまうので、測って確認しながら…というのには、当たり前のことだけどエーッ(/´ω`\)

と匂はどちらか片方のみが刃にあるわけではなく混在する。の多い出来のと言い、匂の多いを匂出来のと言う。

ぶっちゃけるとの美の多く(刃文とかとか)は武器としての性能と関係ないのは拍子抜けする。まあ美術品だからいいんだけど。

京のかたな展で「アッこの子すっごい好み!!」って思った子がいたんだけどメモも何も取らなかったから案の定名前を忘れましたね…図鑑買えばよかった……めっちゃ綺麗な直刃で地肌の目とかがあんまり目立ってなくて鏡みたいにつるっと綺麗なやつでtheって感じだった…

展示の仕方が上手なのか、ゆっくり鑑賞できたからか、地鉄も刃文もっぽいものも匂っぽいものもよく見えました。すっごいキレイ。 やはりは直接会いに行きたいものですね。写真や映像だと全ては見えないのでね。

以前は真っ先に目に飛び込んで来るのが刃紋だったのですが、最近はと匂い、次が地紋なんです💦 以前は地紋なんて見れなかったからよけいに混乱しています💦 を意識して見始めてまだ1年経っていないんですから、焦らずにいこうと思います

切先は日本の華である。刃を鍛錬して磨き上げた後自分の前に立ててかざした時、茎尻から茎へ、刃へ、鎬筋や身幅の太さやに匂、刃文の微細なはたらきを眺めてゆき、視線は自然と切先に向かいその先の一点に集約される。

剣博物館のいいところはへのライティングが神がかっておりや匂まで変な動きをしなくても大分しっかり見えるようになっているところ。 前から良かったけど移転してからは機材的な意味なのか更にささっと見えやすい。 まぁでも入場料が凄い高くなった。

匂は靄のようで覇気が無いとされ、鑑賞としてはに人気が及ばぬようである。しかし武用としては、出来の方が折れやすい為匂出来のの方が適していると古来から言われていた。