沸(にえ)のある刀剣

沸(にえ)のある刀剣

沸(にえ)のある刀剣 刀剣を、刀鍛冶が作る光景を、テレビなどでご覧になった方も多いことでしょう。
いよいよ仕上げの焼き入れに入る直前、刀剣の材質は、オーステナイトという組織になっています。
これを水中で急速に冷やすと、刃の部分が、マルテンサイトという組織に変化します。
マルテンサイトは、非常に硬くなっていて、物を斬ることに優れた特性を有します。
一方、地金の部分は、トルースタイトという組織に変化します。
一振りの刀に、この2種類の組織が混在することによって、あの刃文の美しい模様ができあがるのです。
刃文の境目には、マルテンサイトとトルースタイトの粒子が混在しているのですが、この粒子を肉眼ではっきりと確認できるものを、沸といいます。
特にこの状態が強く見られるものを、沸出来といい、鎌倉初期の作刀や相州物の系統に多く見られます。
このような模様が浮き出ている部分は、摩擦を減少させる効果もあります。
見た目だけではなく、機能美をも兼ね備えているのです。

匂(におい)のある刀剣

匂(におい)のある刀剣 刀剣は、日本文化の極みです。
その美しさ、鋭さは見る人を魅了してやみません。
そんな刀剣は、刀鍛冶の手によって作られていることは、ご存じのことと思います。
では、刀鍛冶によっては、匂いのする刀できる、という話はお聞きになったことがあるでしょうか。
日本刀は、刃の部分と地の部分では、厚みや硬度が違います。
そして焼き入れの後は、それがはっきりと際立つのです。
同時に、刃文といわれる白い模様が浮き出てきます。
これは、焼き入れすることによって、刃と地金の材質に違いが現れてくることによるものです。
この刃文の境目が、ぼんやりと白い霞のように見えている状態を、匂と呼ぶのです。
刀剣において、この状態が強いものを、匂出来といいます。
このような作風は、鎌倉中期以後の備前物や、南北朝時代の備中青江物などに代表されています。
実際に刀剣を見るときは、刃に浮き出ている、たなびく霞のような美しさに注目してみてはいかがでしょうか。

新着情報

◎2017/10/31

刀剣における買取と価値
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

正真保証が無い刀剣
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

「刀剣類登録証」とはなにか?
の情報を更新しました。

◎2017/2/14

現代に残る刀剣の技術
の情報を更新しました。

◎2017/1/27

刀剣の帽子について
の情報を更新しました。

「刀 沸」
に関連するツイート
Twitter

未だにとか匂とか金筋とかは果たして自分が思ってるのがそれなのか今一自信がないけども、全体の形や一瞬浮かぶ文、施された細工等が綺麗だなとはしみじみ。宝石がカラフルで華やかな美しさなのに対して、はモノトーンで奥深い美しさって感じで、どちらも綺麗で見飽きないです

切先は日本の華である。刃を鍛錬して磨き上げた後自分の前に立ててかざした時、茎尻から茎へ、刃へ、鎬筋や身幅の太さやに匂、刃文の微細なはたらきを眺めてゆき、視線は自然と切先に向かいその先の一点に集約される。

匂は靄のようで覇気が無いとされ、鑑賞としてはに人気が及ばぬようである。しかし武用としては、出来の方が折れやすい為匂出来のの方が適していると古来から言われていた。

返信先:@circhyon おぉおー((o(´∀`)o))良いですね〜屋さんでみっちり。それも古備前で( ΦωΦ)うっほ← そうそう、備前というと匂出来を連想する流れが強いですけど、古備前て割と出来なんですよね。結構働きもあって。長船派の印象がだいぶ強いんだなぁと思います(˘ω˘)

Twitterマツヨイ◇お刀@mty_nrms

返信 リツイート 昨日 21:08

と匂は日本における意味合いとしては同じであるが、よく見ると見え方が全く違う。は粒子のように一粒一粒肉眼で見え、きらきら光っている。対して匂は粒子が肉眼で確認しにくく、煙のような靄に見える。

阪急うめだの剣展行ってきましたー! 残り30分滑り込んだけど、ホンマよかった。保昌の、流れるような綺麗な柾目だし、虎徹の?は雲海みたいでうっとりだし、堀川や来派の短、村正や光忠まで見れて、無料とかありがたすぎる。ライティングが良くて単眼鏡なくても肌めっちゃ見えました。 pic.twitter.com/uFYjaLSvfW

Twitterこねり。@慢性寝不足@koneri_cat

返信 リツイート 昨日 18:27

もしものえっちぶっく描くようなことがあったら「お前の目釘の歪みから重ねの厚さのひと粒まで全部知ってる」とか「全部見せて」みたいなセリフを入れてみたいなあという妄想

Twitterステ&双騎チケットご用意されました!(素振り)@bibibinob

返信 リツイート 4/21(日) 13:05

#長谷部の剣四方山話 青江派について。青江は備中国のだ。南北朝時代に後鳥羽上皇に召集され、その後上皇側の衰退と共に青江派も衰退してしまう。地鉄は縮緬肌と呼ばれるがついた板目だが、皮がねが薄いのか研ぐと直ぐに鯰肌と呼ばれる芯がねが出た状態になるのが特徴だぞ。

初めて本丸に来た男士にまずは自己紹介をお願いしたらスラリとを抜いて審神者の目の前に差し出し「長二尺四寸三分、反九分五厘、腰反り高く踏張り強く、鍛肌約りて地つき乱れ映り立ち、刃文は大丁子乱れに互の目交り、帽子乱れ…」ってスラスラ話されて審神者がポカーンとする可能性( ˘ω˘ )

RT @IsaoMachii: 日保が両国に移ってから、初めて展示室に入った。年配の方がってなんですか?と、受付の方に尋ねていたので、老婆心ながらその方にと匂、映りなどを教えてあげたら、他の方達もも集まってこられ、プチツアー状態になった😊 専門用語にとらわれず、美しいもの…